不動産取得税と相続

相続税



「相続税とは財産の所有者が何らかの理由において死亡した際、その財産を受継ぐ場合。受継ぐ相続人に対して発生する税金の事をいいます。また相続税の徴収は、相続税法に基づき行われます。

財産に関しての基準は、金銭に換算できる”経済的財産”に限られます。現金や建造物・土地や預貯金などが経済的財産に値します。

また特許権や著作権などの権利においても、課税の対象とされる事が一般的とされています。金属や有価証券などの相続に関しても、相続税を求められます。

相続税は申告制になり、財産の所有者が死亡してから10ヶ月以内に被相続人の住所地を所轄する税務署へ申告する事が義務付けられています。また納税することになっています。

納税に関しては、税務署でなくとも各種金融機関でも取り扱っています。

対照的に非課税とされる財産に関しては、仏壇・墓地・墓石などがあげられます。公益を目的とする場合は、税金の対象外とされる場合があります。

相続税の徴収に関しては、上記の財産(建物や預貯金など)が一般的とされています。非課税の財産に関しても同じです。

しかし、中には判断しづらい財産も存在する場合もあるはずです。そんな時は専門家の意見を参考にし、課税の対象・或いは非課税なのかを判断しましょう。