不動産取得税と相続

相続税基礎控除




財産相続には相続税が必ずかかる!という訳ではありません。実は一定基準を超える額。それを相続した場合に相続税が発生します。

また、一定額以内であれば相続税は控除されるのです。その事柄を「相続税基礎控除」とよびます。

「相続税基礎控除」の計算方法としては4人家族で計算した場合。家族1人あたり1000万とし法定相続人の数をかけるのです。そしてプラス5000万を上乗せすれば控除額が分かります。

例(1000万×4人(法定相続人の数) + 5000万 = 9000万)

もし相続財産が9000万を超える場合(葬式費用などを引いて)には相続税が課税される事になります。その為に申告が必要となるのです。

また相続に伴う”税”の負担を軽減してくれるのは「相続税基礎控除」だけではありません。

配偶者が相続を受けた場合に限りますが、相続税の控除が可能になります。

その事柄を適応させる為には、相続開始から”10ヶ月以内”その期間中に遺産分割をしていれば控除が認められます。

また、相続財産が法定相続分以下である事も条とされます。更に1億6000万円以下の場合に適応されるのです。

基礎控除だけではなく、未成年者控除・障害者控除等の制度も用意されているのです。