不動産取得税と相続

退職金と相続



死亡を理由として、長年勤めた会社を退社せざるおえない場合。「死亡退職金」が支払われます・支払われる事が一般的とされています。

また「死亡退職金」とは民間企業を初めとし、公務員も含む労働者が死亡した際に支払われる金銭になります。

「死亡退職金」は相続財産としてではなく、遺族固有の財産であるとされているケースが殆どです(一部例外もあります)その為に遺産分割の対象にはなりません。

相続放棄をしマイナス財産を清算しても、生命保険の死亡保険金が受取れる様に、固有財産で定められている以上は、遺族が死亡退職金を受取る事は可能なのです。

ただし在籍していた企業に、退職金の受給権者を定める規定がない場合。退職金は未払賃金として認識されます。

また未払い賃金に関しては、故人が取得すべき財産に属し、相続財産に含まれるとされています。

「死亡退職金」に関しては、一部の特例ではありますが、死亡退職金を特別受益財産として相続分を計算する事も一部あるようです。

この場合は、1人の相続人が受取る事によって相続人の間にて、不平等が生ずる場合に適応されています。

また上記、事例に関しては実際に判例として、法で決められた事でも有るのです。